矢勝川堤の彼岸花〜半田市1day tripその1 - 気の向くままにつぶやけば〜

この土日はまた台風です。先回を上回る勢力というから恐ろしい。

おまけに今回は両日ともイベントがあるので気が気でありません。

なんとかそれるなり、さっさと通り過ぎるなりしてほしい、勝手ですけど・・・・。

昨日はウソのような秋晴れでしたけど、その前日の水曜日、雨が上がったので彼岸花を見に行ってきました。

出かけたのは、新見南吉記念館がある半田市矢勝川の堤です。

前日の雨でちょっと足場は悪かったし、彼岸花のピークは過ぎていましたが、それでも十分楽しめました。

子供が小さい頃南吉記念館には来た覚えがありますからすでに20年以上も経っています

お話「ごん狐」の名の由来になったとも言われている権現山です。

川の両側一面に彼岸花

まずは川の右岸を歩きます。

でも行けども行けども橋が現れず。途中川の中に飛び石があって渡れるそうなのですが、

この日は前日の雨で増水していて渡れず、結局途中で折り返しました。

反対側を見る。

斜面一面に彼岸花です。

帰りの頃には青空が顔を見せました。

相方は彼岸花のおしべとめしべがどれか研究?してました

この白い彼岸花を見るとよくわかります。

先端に花粉のついていない長いものがめしべです(ピンクの矢印)

そしてこの後は新見南吉記念館へ。

 「手袋を買いに」

今年は「赤い鳥」創刊100年を迎えるんだそうです。

記念館では赤い鳥の表紙がずらりと飾られていました。

大正モダン? 昭和モダン? な感じの絵ですね。

赤い鳥を創刊したのは鈴木三重吉だそうですが、この人の綴り方の添削が凄かったです。

南吉の文章もいろいろと手を入れられていましたが、

手を入れる前と後を読み比べると

文章がすっきり そしてイメージが膨らむような言葉、文章に置き換えられていて

さすが という感じでしたね。