一難去ってまた一難

台風が通って今度は突然の大地震ですね。

こんな時でないと実感が出ないので言いたいと思います。

原子力発電においても賛成派が多いと思いますが!

台風はいつ何時ごろどのくらいの大きさで通過しますと言ってくれるのでそれに伴って準備をすれば災害はかなり防げます。

でも地震はどうでしょうか?いきなり大きな地震がどっかーーーんと来るんですよ。

それで原子力の施設が絶対に安全なのか福島県の災害をみたらわかりますよね。

近場にそのような施設がなければ自分には関係ないから良いよと言えるんでしょうか?

近場の人たちに賛成されている人はいるんでしょうか?全員反対しているはずです。

遠くの人は関係ないもんね。それだけ日本人は自分さえ良ければ良いと思っている人がなんと多い事か!同じ人間として残念です。

私の家からは原子力発電はかなり遠いしそれに電力も原子力発電は使っていません。火力発電です。

だから電気代も高いですよ。もし原子力発電所が大地震で壊れたとしたら近場の人は福島県と同様になると思います。

自分の住む場所の近場でなくても私は反対です。福島県で起きたことを人間は教訓として忘れてはならないと思います。まだ被災地は泣いているんですよ。次と災害が起こるから置き去りにされているのです。

人生何がどこで起きるかわかりませんね。(())